img_visual

「第3回フィールドフォースカップ」(2017)は東京と大阪でダブル開催

2,198 views


学童野球を応援するブランドとしてフィールドフォースが力を入れているのが、学童野球の大会を主催したり、協賛したりする活動です。中でも毎年2月に開催されるフィールドフォースカップは今年で3回目を迎える冠大会で、毎年選りすぐりの強豪チームが激戦を繰り広げています。もっともっと学童野球の大会をサポートしていきたいという吉村専務にお話しをうかがいました。

フィールドフォースの吉村専務
フィールドフォースの吉村専務

2017年のフィールドフォースカップは大阪でも開催

我々は商品開発する際、学童野球というターゲットを明確に設定しています。そのため、フィールドフォースの商品を実際に使ってくれる子どもたちに我々のことを知ってもらう機会を多くしたいと考えています。

フィールドフォースカップは2017年で3回目となりますが、年を追うごとに参加チームのレベルは上がっています。3月から行われる高円宮賜杯の都道府県大会の前哨戦という位置づけですが、全国大会へ勝ち進むレベルにあるチームを選抜しています。

2017年は東京と大阪の2会場でそれぞれ行います。東京の大会には埼玉から3チーム、茨城から1チームも参加していますが、初参加となる東京の不動パイレーツ、埼玉の熊谷グリーンタウンはそれぞれ昨年の高円宮賜杯で全国大会に出場した強豪です。

大阪の方は長曽根ストロングスという高円宮賜杯で過去6回も優勝しているチームに中心となってもらって、選抜された16チームで争います。

いずれは東京と大阪の優勝チーム同士で東西決定戦を行えたら、という気持ちもあります。フィールドフォースカップに出場することがひとつのステータスになるような、そういった大会に育てていきたいと考えています。

オリックス・バファローズCUP2017の協賛も決定

もうひとつ、学童野球の大会に協賛が決まりました。プロ野球のオリックスさんが主催している「第14回オリックス・バファローズCUP2017少年少女軟式野球大会」という、近畿のナンバーワンを決める大会です。大阪・兵庫・奈良・京都・滋賀の約250チームを集めて毎年開催されている非常に大規模な大会で、メインスポンサーのご依頼を頂きました。非常に名誉なことです。

学童野球を全力で応援するという方針ともマッチしますし、ぜひとも大会をバックアップしたいという気持ちで決定しました。我々としては学童野球に参加している子どもたちにフィールドフォースというブランドを知ってもらいたいですし、協賛することで子どもたちの力にもなれます。

協賛しようと思った決め手として、大会の趣旨・正式名称が「少年少女軟式野球大会」となっていることです。女の子にもスポットを当てた大会なんです。競技人口が減っている中、我々としても、男の子だけでなく女の子にも野球の楽しさを知ってもらいたい、フィールドフォースというブランドを知ってもらいたいですから。

地道な活動にはなりますが、こういった学童野球の大会を応援することで少しずつフィールドフォースというブランドを世の中に浸透させていきたいと考えているんです。


返信する*がついているフォームは必須項目になります。)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*

メールアドレス*

ウェブサイト

CAPTCHA