TC_2

今度は都知事杯!フィールドフォースは学童選手の強い味方

208 views


TC_1

東京都のナンバー1を決める「東京都知事杯」。今年で40年を迎える歴史ある大会にフィールドフォース社がメインスポンサーを務め、大いに盛り上げた。そこに至るまでの経緯、大会を通じて感じたことを同社の社長・大貫が語る。

今年で40回目を迎えた東京都知事杯・都学童軟式野球大会。この歴史ある大会にフィールドフォース社がメインスポンサーを務めることになった。今年に入ってオリックスバッファローズ杯のメインスポンサーに続き、学童野球界にその名を轟かせている。東京都軟式野球連盟も同社の活動を評価、頻繁にボールパーク(同社運営の室内練習施設)に足を運び、学童の野球離れに歯止めをかけるべく、ともに大会を通じて歩むことを確認した。

メインスポンサーという立場で感じたこととは

「今回スポンサーの立場から大会を観て、そのレベルの高さに驚いた。学童野球とはいえ、各地区を勝ち抜いてきたレベルのチーム同士が戦う大会はこんなに面白いんだということに気付かされ、もっともっとたくさんの子ども達を、野球が面白いと思えるレベルまで早く到達させてあげたいと強く感じた」

と同社の大貫社長は大会を通じての感想を語った。大貫社長によると、このレベルでやっている子供たちは、みんな楽しそうに野球をやっているという。

「改めて学童野球界のレベルの底上げこそ、野球離れを防ぐ一番の近道であることを認識した」

と大貫社長は思うところがあったようだ。

今大会は初めてメインスポンサーを務めたこともあり、準備期間も短く大変だったとのことだが、同社の顔とも言える「努力は裏切らない」の文言が記されたのぼりが多数球場を取り囲んだり、秘密のクーポンナンバーの書かれたチラシを配布し、道具が高額であることも野球離れの原因のひとつであることを分かっているからこそ、安く同社の製品を購入できるようなイベントを行ったりと、様々な仕掛けを施していた。

このように目覚ましい活躍を続ける同社は、地元の大会から大きい今大会、女子野球大会まで幅広くスポンサー活動を行い、ある程度知名度も高まったと思うのだが、大貫社長はそこに関しては冷静に見ていた。

「まだまだ浸透していないことも知った。さらに力を入れていき、3年後の目標である『ブランドの臨界点を目指す』ことに向かっていきたい。もちろんこの大会のスポンサーは今後も続けていきたい。ますます盛大に、ますますサプライズ山盛りにして(笑)。アイデアはまだまだ色々持っている。これは我々に課された使命だと思って頑張っていきたい」

力強く大貫社長は語ってくれた。

大会を終えて

さて、大会は「第1回フィールドフォースカップ」の覇者でもある高島エイトA(板橋)が見事に優勝を飾った。同チームは「東京新聞カップ第40回関東学童軟式野球大会関東学童大会に都代表として出場した。優勝した同チームの藤井誠一監督をはじめ各チームの指導者からは、フィールドフォース社に対して「少年野球にスポットライトを当てられているメーカーさんはそうはいないので、素晴らしいと思う。今後もぜひスポンサーを続けて欲しい」など称賛の声が圧倒的だ。

閉会式で語った大貫社長の「例えば4年後・5年後には甲子園大会に出場するという目標を持って欲しい。目標は行動の原点です」という言葉が子ども達の心に刺さったのは間違いない。キラキラした目で話を聞く子どもたちの目が何よりの証拠だ。

大貫社長のあいさつ。 閉会式での言葉が子ども達の心に刺さる
大貫社長のあいさつ。
閉会式での言葉が子ども達の心に刺さる
優勝した高島エイト。 関東学童は残念ながら準優勝に終わった。
優勝した高島エイト。
関東学童は残念ながら準優勝に終わった。
高島エイト/藤井誠一監督 準決勝・決勝とも先制点を取ることができたことが勝因。 攻撃力が高いチーム。チーム創設40年以上。 モットーは「高い目標を立てて力を合わせてみんなで努力する」
高島エイト/藤井誠一監督
準決勝・決勝とも先制点を取ることができたことが勝因。
攻撃力が高いチーム。チーム創設40年以上。
モットーは「高い目標を立てて力を合わせてみんなで努力する」
左:速球が武器の山崎隆之介君  右:渡邊慈主将は「気持ちを一つに戦えた。全員でカバーし合えるチーム」ですと力強く話してくれた
左:速球が武器の山崎隆之介君 
右:渡邊慈主将は「気持ちを一つに戦えた。全員でカバーし合えるチーム」ですと力強く話してくれた

返信する*がついているフォームは必須項目になります。)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*

メールアドレス*

ウェブサイト

CAPTCHA