mv

軟式も硬式もこれ1台で両方使える本格派!「硬式・軟式用トスマシン(FTM-230)」

3,482 views


トスバッティングは打撃向上に欠かせない練習ですが、トス役のパートナーが必要です。フィールドフォースではこれまでにトスバッティングを1人で行える器具を数多く開発しており、最も得意とする分野です。そして試行錯誤を繰り返しながらようやく究極の本格派トスマシンが誕生。今回も開発した吉村専務にお話をうかがいます。

構造一新で軟式・硬式に両対応

トスマシンというのは、お客さまのニーズが非常に高い商品です。すでに製造・販売はしていませんが、これまで当社では「軟式用トスマシン」「硬式用トスマシン」 という商品を別々に品揃えしていました。なぜ軟式用と硬式用を分けていたかというと、ボールの規格が軟式と硬式ではぜんぜん違うからです。ボールの直径も違うし重さも違うので、旧式のトスマシンでは同じ本体でありながら、中身の構造を変えて対応していました。

02

ところが、新しい「硬式・軟式用トスマシン(FTM-230)」は1つの商品で軟式・硬式の両方のボールを飛ばすことができます。なぜなら、ボールを発射する構造が旧式とはぜんぜん違うんです。旧式の場合は上下にタイヤが付いていて、タイヤが回る力でボールを弾き出していました。

旧式タイプのトスマシン
旧式タイプのトスマシン

そのため、ボールの直径によって、発射距離やスピードが変わってしまっていました。軟式ボール、たとえば同じA号でも新しいボールと古いボールでは直径が同じではありません。ボールの中が中空になっているから古いボールは直径が変化してしまうんです。同じボールでも飛び方にばらつきが出てしまうので、実際にユーザーの方から指摘も頂いていました。

ですので、新しいトスマシンを開発するにあたって、ボールを飛ばす構造を一新しました。鉄板を跳ね上げて飛ばす構造にしたのです。

05

この構造であれば、ボールの直径に左右されません。約5秒間隔でボールを飛ばすのですが、ボールが違っても安定してトスしてくれます。実際に軟式ボール、硬式ボールを一緒には打つ機会はまずないと思いますが、このトスマシンであれば軟式A号も硬式も1台で扱うことができます。たとえば小学校では軟式、中学校に進学して硬式をやる場合でも、このトスマシン1台で対応できるので経済的です。軟式のABC号すべてに対応しています。

自分の真正面からトス練習ができる

トス角度調整ツマミが付いているので、鉄板の傾斜を変えてボールの飛距離を調整できます。

07

電源はACアダプタが付属していますが、電池使用も可能です。グラウンドに持ち込んで使う場合は、ACアダプタの環境がないこともありますので、単一電池8本で使えるようにしています。トスマシン本体は約4.35kgと軽量で、取っ手付きなので簡単に持ち運びができます。

08

このトスマシンのいいところはもう1つ、商品の高さです。

トスマシンの高さが低いので、正対してのトスバッティングが可能。より実戦に近いトレーニングができます
トスマシンの高さが低いので、正対してのトスバッティングが可能。より実戦に近いトレーニングができます

マシンは高さが52cmあったんですけど、今回は高さ25.5cmしかないんです。トスマシンの背丈が低いことで、自分の立ち位置に対して正対して置けるようになったんですね。つまり真正面からトスされたボールを打つことで実戦に近い形式で練習できます。当然、このトスマシンも真横に置いたり真後ろに置いたりして、従来のトスマシンのように使えます。トス練習にいろいろなバリエーションが増やせるようになったということです。

さらに便利なあの機能も追加可能!

もう1つ予告しておくと、このトスマシンはこれからさらに進化します。現状ではトスマシンに最大10球、ボールを置いておけます。つまり、マシン単体では連続10球までトス練習ができるということですが、10球打ったら1回止めてまた10球セッティングしないといけないんです。これがこのトスマシンの唯一の弱点です。この弱点を克服するために、付属商品を準備しています。これは当社の他のトスマシンを知っていらっしゃる方ならお分かりかと思いますが、あのオート機能が付きます(笑)。最初に「硬式・軟式用トスマシン(FTM-230)」をお求めいただいてからでも併用できますから、ご安心ください。近日中に続報をお伝えします。

103301447_o3
正直にいいますと、旧式のトスマシンは弱点だらけの商品でした。そのため、お客さまに十分にご満足いただけないこともあったと考えていました。トスマシンに関するお問い合わせは数多くいただいていて、これまでずっと「新しいものを開発中です」とアナウンスしていたんですね。なので、2年近くお待ちいただいているお客さまもいらっしゃるのですが、本当に「お待たせしました」という気持ちで、大幅に改良した自信作をようやく送り出すことができました。

商品の詳細情報はコチラからご確認いただけます。

 


返信する*がついているフォームは必須項目になります。)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*

メールアドレス*

ウェブサイト

CAPTCHA