dsc_1429-2

野球肩を予防するフォームのポイント②「肩と肘のライン」

1,511 views


投球フォームの一番のポイント「肩と肘のライン」について

前回はみぞおちのポジショニングが野球肩予防とパフォーマンスアップには重要というお話をしました。今回は野球肩を予防するフォームの二つ目のポイントをご紹介していきたいと思います。

二つ目のフォームのポイントは「肩と肘のライン」です。投球フォームを通して両肩と利き手側の肘のラインは常に一直線を保ち続けています。投球中は肩に対して肘が後ろに残ることもなく、肩よりも肘が前に先行することもないということです。

この特徴に関しては全日本レベルの投手と肩痛をもつアマチュア選手を比較したデータを比較すると顕著です。全日本レベルの投手では投球フォーム全般を通して常に両肩と利き手側の肘を結んだラインが常に一直線で投球動作が行われているのに対して、肩痛をもつ選手は両肩を結んだラインから利き手側の肘が逸脱する傾向がみられました。

両肩と利き手側の肘のラインが乱れることを実際の野球の現場では「手投げ」と表現されることが多いです。しかし一概に「手投げ」と言われても、実際のところ選手は理解することが難しいのです。現場では実際に動画の撮影をして「両肩に対して利き手側肘が一直線になるのが理想だよ」と伝えた上で一緒に動画を確認します。多くの選手が自分の「両肩と利き手側肘のライン」の乱れに驚いています。それほど選手は自分自身のフォームのズレを認識できていません。

またこの「両肩と利き手側肘のライン」の乱れは肩への負担が大きくなるだけでなく、パフォーマンスにも悪影響を与えます。「両肩と利き手側肘のライン」の乱れは「手投げ」と表現されるように、腕を振り回して投げているだけなので体幹の筋力を十分に使うことができていません。体幹は下半身からの力を腕に伝えていく役割のほかに、体幹自体が大きな筋力を持っています。その体幹を使っていないということは、遠投や球速に大きく関与する腕の振りのスピードを半減させているということになります。

さらに言うと、肩と肘のラインが直線上にあるということは、投球直前までボールが打者から見て身体の後ろ側にあるということになります。ボールの出所が見づらい投手は打ちづらいですし、打者の体感速度も実際の球速よりも高く感じられます。この点でも肩と肘のラインは非常に重要です。

なぜ「肩と肘のライン」は乱れてしまうのか確認しましょう

このフォームの原因としては肩甲骨や体幹の柔軟性の低下が考えられます、一度前回ご紹介した記事を参考に柔軟性を確認してください。

→前回記事 野球肩を予防するセルフトレーニング③~90/90ストレッチ~

二つ目の原因としては肩甲骨や体幹の筋力不足が考えられます。これに関しても前回ご紹介した記事を参照に筋力を確認してください。

→前回記事 野球肩を予防するセルフトレーニング④~3ポイントローテーション~

正しいフォームには必須の投球フォームトレーニング

ただ、実際には柔軟性や筋力が改善してもフォームが改善しないことも見受けられます。当然、それまで何百回、何千回と繰り返している投球動作ですから、「手投げ」が癖になってしまっている場合が多いです。「手投げ」になる原因として、前回ご紹介したように「みぞおちのポジション」が良くない状態で無意識に投球動作を反復していることが挙げられます。

→前回の記事 野球肩を予防するフォームのポイント①「みぞおちポジション」

そして今回「肩と肘のライン」を意識して改善するためのトレーニングをご紹介します。

まず椅子に座ります。足は着いても着かなくても構いません。ここから利き手側の手をトップポジションに置きます。トップポジションとは利き手側の手が投球動作内において最も高い位置にきたポジションのことを言います。

次に利き手側に体を捻ります。非利き手側は投球時と同じように捕手側へ向けていきます。

このとき両肩を結んだライン上に利き手側の肘が並んでいるかを自身もしくはパートナーに確認してもらいます。

この動作を15回反復して反対側の動きも同じ回数を行っていきましょう。このトレーニングを行うことで肩の負担を軽減すると共に体幹の使い方が向上してパフォーマンスアップにつながります。ぜひトライしてみてください。


返信する*がついているフォームは必須項目になります。)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*

メールアドレス*

ウェブサイト

CAPTCHA