内観

投げて打って捕って!納得いくまで試せる!野球の「体感型ショップ」がオープン

1,466 views


アンテナショップ外観

「お客さまには、実際に試してから買ってもらいたい」

フィールドフォースの大貫社長が常々口にしている言葉です。

BALLPARK内の「室内練習場」、グラブの仕上げや修理ができる「グラブ工房」に続き、直営の「フィールドフォース アンテナショップ」が2016年7月15日にオープンしました。足立区の野球文化の拠点をつくる「BALLPARK構想」もいよいよ全貌が整ってきたところで、あらためて吉村専務にお話をうかがいました。

――BALLPARKの入り口にアンテナショップがオープンしました

吉村 実際に試して買える体感型ショップというコンセプトです。トレーニング用品と野球グラブ、どちらも取り揃えています。気になった商品があれば、すぐそばのBALLPARK内の室内練習場で実際に使ってみて、体感できます。トスマシンなら試打も出来ますし、グラブの場合は約30種類の基本型を置いているので、気になるグラブを使ってキャッチボールしたりして、フィーリングを確かめることができます。実際に使ってみて納得してから、購入していただけたらと考えています。

――商品に自信があるからこそできる試みですね

吉村 特に我々の野球トレーニング用品というのは、実際に使ってみないと その良さが実感できないところがあります。インターネットに使用動画を掲載することで、ある程度の商品特長を伝えることができるようになりましたが、サイズ感や打感はわかりません。実際にご使用頂き、そのサイズ感や打感を感じて頂きたいと思っています。

その他、各商品の組立方法や、収納方法に関しても実演しながら説明させて頂きたいと思っています。今では、多くの学童野球チームが愛用くださっている「折りたたみ式バッティングネット / FBN-1819N2」ですが、その折りたたみ方も、コツを掴めば小学生だって折りたたむことが出来ます。

IMG_4792-blue CIMG1093 - コピー のコピー

フィールドフォースの人気商品「折りたたみ式バッティングネット / FBN-1819N2」

フィールドフォース アンテナショップは、物販だけではなく、お客さまとの対話を重視し、商品開発に至った経緯や、商品に込められた思いなども、お伝えできればと考えています。

――実際に商品を試せるというのはなかなかありません

吉村 このアンテナショップは「体感型」というのがキーワードです。もちろん、インターネットならボタン1つで注文できて便利ではありますが、味気なさも残るじゃないですか。野球はスポーツですから、実際に投げて打ってみて、体にフィットするかどうかを体験してもらう場所があってもいいと思うのです。その方がワクワクするし楽しいでしょう。

――アンテナショップの営業時間を教えてください

吉村 平日は9時から18時まで、土・日・祝日は9時から21時までです。いまはオープン記念で商品をお買い上げの方、先着300名様に豪華賞品の当たるスクラッチカードを差し上げています。1等は発売したばかりの「インドア・バッティングマシン」です。ぜひ一度ご来店ください。

アンテナショップ外観

2016年07月現在のアンテナショップ外観

内観

店内には所狭しとフィールドフォースオリジナル商品が並ぶ


返信する*がついているフォームは必須項目になります。)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*

メールアドレス*

ウェブサイト

CAPTCHA