FPM-102TB インドア・バッティングマシン用プレート-2

実戦さながらの発射軌道にできる!インドア・バッティングマシンの応用練習用三脚固定プレート

2,394 views


高速で飛んでくる小さいボールを打つことで、バットコントロールと動体視力の向上が図れる「インドア・バッティングマシン」。通常は地面に置いて使用しますが、専用器具を取り付けることでピッチャーが投げるような発射軌道にできます。今回はフィールドフォースのトレーニング用品を使って様々な練習を行うためのちょっとした工夫をお伝えします。

お手持ちの三脚に取り付ければ高い目線からボールが飛んでくる

DSC_1708

「インドア・バッティングマシン(FPM-102)」を開発した吉村専務

インドア・バッティングマシンの背部には、発射角度を無段階で調整できるツマミネジが付いています。このネジで発射軌道を調整すれば、ボールの高低はある程度変更できます。もちろんそのまま地面に置いて使ってもらってもいいのですが、野球のピッチャーがマウンドから投げてくるボールと比べると目線の高さは違います。野球のピッチャーの場合、下から上にホップする軌道のボールは投げられません。変化球はすべて上から下の軌道になります。インドア・バッティングマシンを地面に置いて使うと、下から浮き上がってくるような軌道になります。これはソフトボールに近いんですね。実際の野球の試合に近い目線で飛んでいける商品にしたい、という想いでつくったのが、専用器具「インドア・バッティングマシン 三脚固定用プレート(FPM-102TB)」です。

DSC_1675

「インドア・バッティングマシン 三脚固定用プレート(FPM-102TB)」は、面ファスナーを使ってしっかりと固定。三脚とは国際規格のネジで接合します。

「インドア・バッティングマシン 三脚固定用プレート」は、自宅にあるデジカメやビデオカメラ用の三脚に固定するための器具です。三脚に使われているネジというのは国際規格なので、どれも同じものが使われています。お手持ちの三脚を使えば高さや角度の調節は自在にできますから、簡単に実戦感覚の練習をすることができます。正対して打ち返しても、ミートポイントボール自体が室内練習用の柔らかくて軽いボールですから、何も問題ありません。

IMG_7603sss  00124.MTS_6-ch

タイミング練習やバント練習など様々なトレーニングができる

インドア・バッティングマシンは名前の通り、室内での利用を想定しています。例えば自宅の廊下やリビングでも、バッティング練習ができるようにしたいとの想いでつくっています。使用するミートポイントボールはバットで打っても、大きな音はしませんから夜間練習にも最適です。廊下などでバットを振るスペースがなくても、インドア・バッティングマシンから発射されるボールを自分のポイントで掴むだけでも、タイミングを取る練習ができます。体感スピードが非常に速いですから、タイミング練習には非常に効果的です。また通常より細いバットを使えば、バント練習もできます。ボールを最後まで見る集中力やバットコントロールのトレーニングができます。雨天時など屋外で練習できないときにも、このインドア・バッティングマシンで様々なトレーニングが行えます。

(※FPM-102インドア・バッティングマシン紹介動画)

(※FPM-102TB  インドア・バッティングマシン三脚固定用プレートを使うとこうなります!)

ロングセラーの「トスマシン(FTM-252)」でも体幹や体軸の回転運動を練習できる

FTM-252TB トスマシン用プレート-2     IMG_7560-2sss

「トスマシン 三脚固定用プレート(FTM-252TB)」の場合は、トスマシン下部の4つの足をしっかり固定してから三脚へ取り付けます

当社の「トスマシン(FTM-252)」は1人でトスバッティングが効率的に行える人気商品です。トスバッティングというのはいろいろなバリエーションのある非常に重要な練習で、工夫の余地があります。大ブレーク中のヤクルトの山田哲人選手が試合前に11種類ものトスバッティングを行っていることは有名な話ですよね。そこで当社のトスマシンを使って、お手軽にいろいろな方向、角度からトスができるようにできないか?と考え開発したのが、「トスマシン 三脚固定用プレート(FTM-252TB)」です。

00124.MTS_2-chch 00124.MTS_14

山田哲人選手がよく言っているのが、「体幹の中心でボールを強く打つ」という考え方です。ボールを体の近くまで引き付けて、いちばん強い力が伝わるポイントで叩く、という考え方ですね。このボールを引き付けるために効果的なのが、”頭上から落ちてきたボールをタメて打つ”というトスバッティングです。トスマシンを専用プレートでお手持ちの三脚に固定すれば、高い位置からのトスができるようになります。トスマシンを斜め前方、真横、真後ろなど、いろいろな場所に設置すれば、トスバッティングのバリエーションが大きく広がります。強い力をボールに伝えられるよう、タメをつくる練習が行えます。

インドア・バッティングマシン 三脚固定用プレート(FPM-102TB)の詳細・ご購入はコチラ!

トスマシン 三脚固定用プレート(FTM-252TB)の詳細・ご購入はコチラ!